重岡大毅のファンとして『溺れるナイフ』を観て思うこと

溺れるナイフ』DVD&Blu-ray発売おめでとうございます。映画を初めて観た時から何か書かなくてはと思っていたのですが、改めて重岡大毅というアイドルについて考える良い機会になったのであまり整理されていないけれど、書き残しておこうと思います。

 

重岡くんが『溺れるナイフ』という映画に出るらしい、という噂を耳にしはじめてから、楽しみにしているうちに、あっという間に公開日になってしまった。

公開初日、朝一番の上映を観に行った。スクリーンに映った大友を見て、私は涙を止めることができずにいた。理由はよくわからなかった。

 

重岡くんの演技はとても自然に見えて、以前から目にしていた重岡くんの演技への称賛の声に「なるほどなぁ」と共感した。よく、俳優は役が憑依する、といった言い方をされることがあるけれど、そういうことよりは、重岡くんと大友の輪郭が溶け合うような、そんな演技だと思った。

 

映画のパンフレットでは重岡くんが大友役に抜擢された理由が「夏芽にとって陽だまりのような存在である大友」、「重岡の(中略)温かな感受性と優しさに大友の太陽のような明るさと優しさが重なった」などの言葉で説明されている。

重岡くんは大友のことを「すごい」と言っていると同時に「かなり自分に似てる部分が多い」とも言っている。映画の大友を見た時、一体どこまでが重岡大毅でどこからが大友勝利なのだろうと思うことが度々あった。それが、先ほどの「重岡くんと大友の輪郭が溶け合うような演技」だと思った理由だ。しかもメイキングを見れば、「現場の太陽」なんて言われていたらしいだけに、ますます二人の境目は曖昧に見えて分からなくなる。

「陽だまり」と言えば、重岡くんが「ボクら」で「キミはキミのために生きるんだ ボクはキミの陽だまりになる」とソロを歌っていることを思い出す。

それはもしかしたら、重岡くんがアイドルの「重岡大毅」として見せている姿がどの角度から見ても人の目に「陽だまり」として映る、ということなのではないだろうか。

 

ところで、わたしは重岡くんのことを「夢と現実が交差する」人だと思っている。 それは、重岡くんが夢を見せるアイドルの顔と、いかにも普通の人間らしい現実味のある面を絶妙に持ち合わせているからだ。掴めたと思ったら簡単にその手を離れていくように思える。だから、もっと知りたくてずっと追いかけてしまう。それが重岡くんのファンでいることの醍醐味だ。

重岡くんが大友勝利と重岡大毅の境目が分からないくらい自然に大友をやってのけたのが、「夢と現実が交差する」その一端を見せてもらったような気がして、ますます目が離せなくなってしまうなぁと思う。

 

溺れるナイフ』を一重岡大毅のファンとして観て、いつかの取材で演技を頑張りたいと言っていた通り、重岡くんが演技で頑張っている姿を見ることができて本当に嬉しく思った。

そして、重岡くんがアイドル「重岡大毅」として貫きたい、見せていきたいと思っている姿を再確認することができ、その姿を信じて応援したいと改めて思うことができた。


溺れるナイフ』この映画で、重岡くんの魅力が太陽の光のように遠くまで届いて、より多くの人に伝わりますように。

重岡くんが「ありがとー!」って言うから生きようと思う

2016年4月3日、わたしは仙台にいた。利府駅に向かう二両編成の小さな電車に乗り込むと、キラキラした女の子たちでいっぱいだった。目的は同じで間違いない。ジャニーズWESTのツアー「ラッキィィィィィィィ7」のオーラス公演。

 一人で新幹線に乗るのも、一人でこんなに遠出するもの、一人でコンサートに行くのも初めてで少し不安だったけれど、行くしかないと思って半ば衝動的にここまでやってきてしまった。

 

コンサートは最後の公演だったからなのか、私の気持ちが作用したのか、とにかくなんだかものすごいパワーだった。特にEternalは圧巻で、7人が本当に命を燃やしすぎて目の前からいなくなってしまうのではないかと不安で、つい拳を固く握り締め、息を呑んで見つめてしまった。そのあとの曲がズンドコパラダイスで本当によかった。

 

コンサート本編はもちろん最高だったけれど、わたしの脳裏に焼き付いて今でも離れないのがアンコールの重岡くんの姿だ。重岡くんは「ありがとー!!」と叫びながら、ひたすらに会場中を走り回っていた。端から端まで、何周も何周も。疲れているはずなのに、2時間も踊って歌ってきたなんてことを微塵も感じさせないほどのパワーだった。そんな重岡くんが眩しすぎてクラクラした。

重岡くんの「ありがとー!!」はわたしだけに向けられた言葉ではないけれど、でもたしかに自分にも向けられた言葉なんだと思ったら、単純にここまできてよかったな、重岡くんのファンでよかったな、と思えた。

 

コンサートから遡ること数日。わたしは新しい環境に不安を覚えていた。先の見えない真っ暗なトンネルに放り込まれたような気分の中、ジャニーズWESTに会いに行ったら何かあるかもしれないと思い、気づいたら宮城まで行くことを決意していた。今でも、自分の行く先がわからずに不安に思うことがある。だけどあの、会場を走り回っていた重岡くんのパワーと眩しさの記憶がわたしを明るいところまで引っ張り出してくれていて、生きていけそうな気持ちにさせてくれている、と思う。

 

重岡くん、ありがとうって言ってくれてありがとう。重岡くんの一言一言に救われている人がどれだけいるのか、重岡くんは知らなくたっていい。でも、重岡くんが「ありがとう」って言ってくれるから、わたしは今日も1日生きようと思います。

奇跡なんかいらない この手で掴み取るだけさ

年末に向けてめまぐるしくなっていく毎日、クリスマスに楽しみがあるからと踏ん張って、なだれ込むようにして24日を迎えた。

 新大阪行きの始発の新幹線に乗り込んで、それでもまだコンサートに行くという実感は湧きそうで湧かなかった。でも、少し頭が興奮していて眠くても眠れなくて友達と話し続けた。

 

久しぶりに大阪の地に降り立つ。もう何度来たことか分からないけど、大阪の街はいつだってワクワクする。

大阪の友達と合流してグッズの列に並んだ。どんなに寒くてもどんなに長い時間並んでもこの時間は結構楽しくて、意外とクセになる。友達は並びながら勉強をしていた。勝手に覚えたよ、プロテオグリカンと膵アミラーゼ。がんばれがんばれ。私はその横で絵しりとりをしていました。画伯VS画伯 ファイッ!絵を描けるようになりたい。

開演までの時間、ご飯を食べに行ってそこでまた新たな出会いがあった。同じものを好きってだけで、距離を超えて、年齢の壁も超えてこんなにたくさんの友達ができるなんて数年前には思ってもみなかった。ジャニーズWESTを好きになってよかったって思うことのひとつだ。

 

開演時間も迫っていざ会場に入ってみると広くて少し驚いた。そうだ、これがドームだ。クリスマスムード全開のセットがかわいらしかった。

公演中は、とにかく嬉しくて心が温かかった。デビューの時のことを引っ張り出すはあまりよくないのかもしれないけど、あの時の悲しみの涙がちゃんと、嬉しさの涙で洗い流されたみたいな、そんな気持ちになった。

何度思ったことか分からないけどやっぱり、

「奇跡なんかいらない この手で掴み取るだけさ」

なんてかっこいいことを歌詞のまま終わらすんじゃなくて、体現してきたのがジャニーズWESTっていうアイドルなんだよなぁ。

そしてその手で掴み取ったものが今、この時間なんだよなぁ、と思ったら涙はもう制御不能だった。

過去、現在のジャニーズWEST7人の姿、そして未来へ向かって力強く進もうとする7人の姿が余すところなく堪能できた、そんな公演だった。

 

25日は軽くロケ地巡りらしきことをしてから、夜公演にお邪魔した。

重岡くんが挨拶で「自由で素直なライブ、仕事を頑張りたい」と言っていた。重岡くんはいつも私の進みたい道をその眩しさで照らしてくれているみたいだけど、やっぱりこの日もそうだった。重岡くんの様に生きたいなぁと思う。重岡くんは私の想像通り、泣かなかった。笑っていた。漠然と、笑っていなきゃいけないなぁと思って、泣きながら精一杯笑った。

新幹線の都合でAll My Loveを背に聴きながら会場を出た。 年々涙脆くなるなぁと苦笑いしつつ、いつもよりなんとなく輝いて見える世界に頬を緩ませながら東京へ向かった。

 

生まれてきてから、一番幸せなクリスマスだった。ここまで頑張れたのはこの日があったからだった。ジャニーズWESTを好きでよかったと心から思えた。

 

2017年、始まって一週間。なんと体調を崩して、行くはずだったなうぇすとのコンサートを泣く泣く手放し、暇になって文章を書いています。重岡くんの言う通り健康第一、ですね。初詣にも行けていないので、治ったら神社にジャニーズWESTとお世話になっているみんなの活躍と健康をお願いしにいこうと決めた。

君しか胸の真ん中にいない

あけましておめでとうございます。今年はもう少し頻繁に更新したい、と思いながら文字を打ち込んでいます。今年もよろしくお願いいたします。

 
2017年はHey!Say!JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.でコンサート初めを迎えた。
 私はそこそこ長いことHey!Say!JUMPのファンをしている。山田涼介くんのファンになったのは、2007年の夏。約5年前、いわゆる担降りというものをしたけれど、Hey!Say!JUMPのことは大好きで、それまでと変わらず、テレビ番組を欠かさずチェックし、リリースされるものを購入し、コンサートにも足を運んできた。それで楽しくて何の問題もなかった。
 
昨年の8月、コンサートDEAR.を観に行った。それはもう、圧巻だった。前回のツアーを軽々と超えてきた。九者九様の王子様のようなルックス、安定した歌とダンスの実力。そんな彼らがとうとう、「世界観」なるものを手に入れてしまった。曲の、この公演の、創り出す世界と観客を繋ぐために、Hey!Say!JUMPはあまりにもうまく立ち回りすぎていた。単純にすごい…!!!と思った。それは泥臭さの一切見えない、完成された芸術のようで、まさに絶品だった。
楽しく終わると思ったコンサートだったけれど、Dear.を聴いていたら、突然胸が痛くなった。
「もう今日の君も 明日の僕も 君しか胸の真ん中にいない」
それは君たちを一番に思ってあげられなくてごめんなさい、という罪悪感のようなものだったのかもしれない。私にはいま、他に一番に応援している人がいる。そんな私がここにいていいのか、もっとこの席に座るべき人がいるのではないか、と思って苦しくなった。嫌いになったんじゃない、大好きで大切だから余計にそう思った。
 
そんなことがあったので、今回のコンサートで、もうわたしはJUMPのコンサートに行かない、と決意せざるを得なくなってしまうのではないか、と思って怖くてたまらなかった。それならそれで、確かめてみたい気持ちもあったのだけれど。
 
迎えた1/1、Hey!Say!JUMPとしては久しぶりの東京ドーム。やっぱり大きい。席はメインステージのど真ん中延長線上。バックステージがすぐ後ろに見えた。嬉しさと不安の入り混じる気持ちで9人の登場を待った。
いざ始まると、大好きなHey!Say!JUMPの姿がそこにあった。自然と大きな声が出た。10周年を目前に控えた彼らの堂々としたパフォーマンスは不安になる暇など一切与えてはくれなかった。近くをメンバーが通っていき、彼らが存在しているということをありありと見せつけられた。セットリストには昨年のツアー中にはなかった懐かしい曲が組み込まれていて、懐かしい衣装で登場するメンバーもいた。都合のいい解釈でしかないけど、なんだか「まだ見ててもいいんだよ」と言ってくれている気がした。
 
わたしは、新しいものを得たからといって古いものをすぐに捨てたりはできない性分だ。忘れられるのならとっくにそうしている。担降りって難しい。でも、Hey!Say!JUMPは私にとっていつまでもキラキラ輝くアイドルなのだと改めて思うことができた。
「高みに行く時は、もちろん皆さんも一緒です」と最後の挨拶で薮くんが言ってくれた。一緒に連れていって、なんてワガママ言わないから、高みに行くHey!Say!JUMPのことを見させてほしい。きっと国民的アイドルになれる、と確信した夜だった。10周年を迎えるHey!Say!JUMPを好きでいられることを誇りに思っていよう。あとは気持ちの赴くまま、応援したいと思う限り応援しようと心に決めた。

 

2017年がHey!Say!JUMPにとって素晴らしい一年になりますように。そう願うばかりだ。

濵田崇裕は世界を変えるか?

 濵田崇裕という人を初めて知ったのはいつだろう。関ジャニ∞の番組で二週に一度くらい目にしていたのが、始まりのような気がするけど、違うかもしれない。そんな風に濵田くんはいつの間にかわたしの中に存在するところとなっていたから、これまで濵田崇裕という人をまじまじと眺めてみることはあまりしてこなかった。そんな中最近よく思うのが、あ、この人好きだ、ということ。でも今回はわたしから見た濵田くんではなく、親友を通して濵田くんについて思うことを書きたいと思う。

 

わたしの親友、Mちゃんは濵田くんが好きだ。Mちゃんが濵田くんを好きになった日、私と彼女はなにわ侍 ハロー東京!が上演される日生劇場にいた。応援している関西Jr.の人たちが東京で公演をするから行きたい、とわたしが言っていたら、そんなに興味がなかったはずのMちゃんが快くチケットを取ってくれて、一緒に行ってくれることになった。Mちゃんとは、そういうひとだ。2人きりで出かけたのはこれが初めてのことだったけど、観終わったあと、会話には困らなかった。それだけ2人とも良い体験をしたのだろう、と今になって思う。


Mちゃんはとっても繊細なひとだ。だから、私が気に留めないようなことで傷つく。Mちゃんはとてもネガティブ。だった。

 

 

濵田くんに出会うまで。

 

 

濵田くんを好きになってからの彼女は明るくなった。わたしは、気づいたら、少し泣きながら他の友人に話していた「濵田くん好きになってからのMちゃんはほんとに変わってね…」と。決して暗かったわけじゃない。濵田くんの何が彼女をそうさせたか、推し量るにはまだ知らないことがたくさんあるけれど、でも、本当に変わった。以前は時に、何かに絶望してるかのようにも見えたMちゃんだったけれど、濵田くんに引き上げられた彼女は強く見えた。わたしが苦しい時も前向きな言葉で励まし続けてくれた。わたしは、濵田くんが親友を、親友の世界を変えるところを目の当たりにした、と思った。

 

Mちゃんが繊細なのは今でも変わらない。だからわたしが気付かないような濵田くんの変化に気付き、濵田くんにいいことがあれば心から喜んで涙し、反対に濵田くんに悲しいことがあれば本当に悲しんで涙する。そんなMちゃんからわたしは濵田くんのことを日々たくさん教えてもらっているのだ。濵田くんを好きだ、と思うようになったのはMちゃんのレンズを通して濵田くんのことをたくさん知ったからかもしれない。

 

わたしはこれからもMちゃんのレンズを通して濵田くんを見ると思う。でも、時々そのレンズをそっと外して自分の目で濵田くんを見てみたら、どんな世界が待っているんだろう。主演舞台が大成功を収め、ドラマに抜擢された濵田くん。ジャニーズWESTの最新シングル「人生は素晴らしい」でその歌唱力を見せつけている濵田くん。自分の目だけでも濵田くんを見られそうな気がする、そんな夏がやってくる。

 

濵田くんはこれから、その器用さと優しさと、ひとから愛される才能でどれだけ世界を変えていくのだろう。ワクワクしてたまらない。だから目を凝らして見続けていよう、と思う。濵田崇裕は世界を変えるか?大袈裟に聞こえるけど、きっと間違っていないんだろうと思う。

今でも時々、スウェーデンの雪深い森を思い出す

2015年、12月。初めてグローブ座というところへ足を踏み入れました。小瀧望くんの舞台「MORSE」を観に。
お芝居を観るのは初めてでしたが、それはそれはもうすごく色々なことを考えさせられて、今更ながら感想をまとめておこうという次第です。以下、個人的な感想というよりも、メモです。

オスカーという少年

主人公オスカーはまだ12歳、でも彼を取り巻く環境は劣悪。にもかかわらず、まっすぐで純粋で、普通ではないエリを普通に受け入れられたのはオスカーだから、だと思う。そしてエリがオスカーに正しい世界で生きるよう諭したのも頷ける。

エリとホーカン

ホーカンはオスカーと同じような歳からエリと行動を共にしていたらしい。自分だけが老い、衰えて、それとは逆にいつまでも美しいエリを見るのはどんな気持ちだっただろうか。ホーカンはただ、変わらないエリを変わらず愛し続けただけなのに。それは本当に異常なことなのだろうか。

オスカーとママ

ママは愛情多寡であるがゆえなのか、かなり歪んだ愛情をオスカーに向ける。
でも時折そんなママの愛情がチラチラと見え隠れするのがとても切ない。オスカーがパパのところへ行きたがっているという話を聞いて「あんたの父親」を「あんたのパパ」と言い直したのではないか。それはママの優しさではないだろうか。
オスカーが出て行くとき、オスカーはママに毛布を掛けるという唯一の優しを見せる。でもママはその優しさを見ていない。

観客

電車の音で始まり、電車の音で終わる、この舞台。それは私たちをあの世界へ連れて行き、送り返す合図なのではないだろうか。警察官はこちらへ向けて「みなさんのご協力感謝します」と言っていたし、私たち観客はあのとき確かに、あの世界に招き入れられていたと思う。


「約束して、そして、許して。」

劇中、幾度となく登場する「約束」という言葉。オスカーがママと交わす約束、些細な約束にも「約束は嫌い!!」と喚くエリ、オスカーとエリの約束。様々な場面で約束が登場する。
オスカーがママと交わす約束は自分を守るためだった。自分がまた外に出られるように、自分の身を守るための約束を受け入れるという形で結ぶ。でもエリとする約束はそうではない。またここで会おう、とか、ズルはしない、とか。一方通行の約束ではない。
ほんの些細な約束にも「約束は嫌い!!」と言ったエリが「オスカー、約束して。光を入れて、正しい世界を生きるの」とオスカーのために約束をする。
オスカーはエリの望む「正しい世界を生きる」という約束を破ったことで、エリとの「光を入れる」という約束を守り、エリは、オスカーとの「助けに行く」という約束を守った。2人の大きな変化を感じる場面。

そして、「許して」という言葉。許してという言葉を使うときってどんな時かな、と考えた時、約束を破った時だと思った。悪いことをした時、とも思ったけれど、許されたいと思う時、その悪いことというのは約束をしていなくても、何か相手の信用や期待を裏切った時なのではないか。「約束」と「許して」は繋がっている。
エリは何を許してほしかったのだろう。一緒にいられないことだろうか、それとも出会ってしまったことだろうか。2人が出会って、オスカーが少なからず、エリの考える「正しくない世界」に触れてしまったからなのだろうか。

少し、話はずれるけど「約束」はアイドルとファンの間でも絶えず結ばれているような気がする。私たちファンは彼らに、彼女たちに期待をする。その約束を背負い続けるアイドルはなんだかとてつもない存在のような気がしている。

オスカーとエリ

オスカーはエリを招き入れて生きていくことを決めた。エリはオスカーにとって光だから。
オスカーがエリと生きていくためには血を集めなければならない。そのためには…ホーカンと同じ運命を辿るようにも思えるけど、でも、自信はないけどそうは思えない。ホーカンはエリが「神様」だとすがりつく。それに対しオスカーはエリを何者でもないエリとして受け入れている。エリにとっておそらくホーカンは異常な存在で、オスカーは「正常」な存在。2人は決定的に違う。だから、最後のオスカーの満足そうな、幸せそうな笑顔に救われてもいいのかもしれない。


12歳の思いは、決意は、あまりにもまっすぐで眩しくて、切なかった。
光と闇、正しいことと正しくないこと、正常と異常、色々なものが交錯する世界に男でも女でも、大人でも子供でもないエリがやってくるのはなんだか不思議な感じだ。きっと世界は二分してなんか考えられない。エリがやってきてオスカーの世界はオスカーの秤をもって回り始めたんじゃないのかな。
私も自分の秤を持って、正しいものを招き入れて生きていきたいって思います。
オスカーは、エリは、私の記憶の中で何度も鮮やかに蘇って生き続けていくと思います。ありがとう、さようなら。オスカーとエリ。


はじめまして

 もうかれこれ3ヶ月以上前、モールスを観劇して以来、長い文章を書く場所が欲しくなって、はてなブログに手を出してみよう、というわけです。多分書き出さないと、この先も書かなそうなので、はじめの記事として内容の無いことを書いています。

ツイッターを始める前、まだ高校生の頃に毎日、日記のような、くだらないことを書き綴っていたブログ。もう全く触らなくなっていたのに、また自分がブログを開設して、書いているだなんて、なんだか不思議な気分です。

あの頃は日常の些細なことを書く場所でしたが、思ったことを長めに書く場所にしたいと思っています。書くかどうかも分かりませんが。どうぞごゆるりとお付き合いくださいませ。


はじまりはじまり。